スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<はやぶさ>「カプセル分離」に拍手…JAXA管制室(毎日新聞)

 おかえり、そしてありがとう--。多くのトラブルを乗り越え日本の小惑星探査機「はやぶさ」が13日深夜、7年にわたる小惑星往復の旅を終える。その奮闘ぶりは多くの人に感動を与え、どんなときもあきらめないことの大切さを伝えた。はやぶさが帰還するオーストラリアで、管制を担う相模原市で、人々はそのフィナーレに拍手を送った。

 はやぶさの運用を管制する相模原市の宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙科学研究所。午後7時51分「カプセル分離」の信号が管制室に届くと、この日の運用に携わるJAXAや開発メーカーの約40人が一斉に拍手。確実に分離したかどうかを確認するため、あわただしく職員が動き回った。はやぶさの主エンジン開発にかかわったJAXAの清水幸夫・品質保証室副室長は「第1段階はクリアしたが、最終的な使命はカプセルを回収すること」と気を引き締めた。

 川口淳一郎プロジェクトマネジャーは「7年も宇宙空間に置かれたはやぶさのバッテリーなどが予定通り機能したのは大きな喜びだ」と話した。

 13日夕から宇宙科学研究所に詰めかけたファンは約400人。「切り離し成功」に喜ぶ管制室の様子を大型モニターで確認すると「オーッ」という歓声とともに大きな拍手がわき起こった。東京都町田市の自営業、神尾和顕さん(37)は「日本の技術を誇らしく思う。はやぶさにお疲れさまと言ってたたえたい。最後に地球の写真を撮影すると聞いているが、ぜひそれも達成してほしい」と興奮ぎみに話した。【藤野基文、西川拓】

【関連ニュース】
はやぶさ:カプセル切り離し…地球帰還へ 小惑星探査機
はやぶさ:カプセル回収は準備万端
小惑星探査機:はやぶさ帰還、見届けよう…JAXA
小惑星探査機:「はやぶさ」最後の軌道修正に成功
小惑星探査機:「はやぶさ」カプセルは工夫満載

<ひき逃げ容疑>76歳女性死亡、52歳男逮捕 千葉県警(毎日新聞)
ウアルカイシ氏 不起訴で会見「中国政府との対話求める」(毎日新聞)
<地域主権改革>戦略大綱、決定先送りへ(毎日新聞)
菅首相会見速報(9)参院選勝敗ラインは50議席 (産経新聞)
<水の事故>女児救おうと41歳女性死亡…千葉・九十九里浜(毎日新聞)
スポンサーサイト

日本病院学会を7月22、23日に開催(医療介護CBニュース)

 日本病院会は7月22、23の両日、岐阜市の長良川国際会議場など3会場で第60回日本病院学会を開催する。テーマは「医療人の協働と明日を拓く力―人間50年から100年へ―」で、22日には学会長を務める山田實紘・木沢記念病院理事長・病院長がこのテーマで講演する。

 22日は、日本病院会の堺常雄会長も「医療人の協働と病院医療の再生」と題して講演。また、舛添要一前厚生労働相が「日本の医療改革」をテーマに招待講演を行う。
 さらにシンポジウムでは、「中小病院は地域を守る―中小病院の複合事業化戦略―」「救急医療体制の再構築」「チーム医療・職能分担の功罪」をテーマにする。

 23日は、岐阜大大学院医学系研究科救急・災害医学分野の小倉真治教授、同大の佐治重豊名誉教授による特別講演や、医師で作家の海堂尊氏による市民公開講座が行われる。シンポジウムのテーマは、「望ましい生涯教育とは―各職種に求められるもの」「医療関連感染対策のあり方を考える―これまでにわかったこと、これから解決すべきこと―」。

 このほか、一般口演やワークショップ、ランチョンセミナーなどが行われる。

 22日は午前8時から受け付けを開始し、9時から開会式を行う。参加費は、一般1万2000円、学生2000円。また、22日の午後6時から行われる「医療人の集い(情報交換会)」に出席する場合は、参加費5000円が必要。


【関連記事】
新執行部の「みえる化」が課題-日病・堺会長
赤字解消につながる対策とは―県立病院長が講演
日病が新執行部披露パーティー
病院の規模で収入傾向が2極化―帝国データ
看護師以外の医療スタッフの役割も拡大へ

<無料低額宿泊所>グループホームも対象 議員立法案(毎日新聞)
逃走中? 電車にはねられ死亡=男性が踏切立ち入る―東京・八王子(時事通信)
加藤一二三氏 控訴断念 猫の餌付け中止など受け入れ(毎日新聞)
<社民党>近藤氏が無所属で出馬 参院選新潟(毎日新聞)
小室哲哉氏の会社に4万ドル支払い命令(産経新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。